審査基準を満たしていないと通過はできない

消費者金融系のカードローン会社の審査と比較すると銀行系カードローン会社の審査は甘いと言われています。しかし、比較すると甘いだけで審査を通過出来る基準を満たしていないと審査を通過する事は出来ません。

 

収入があり、返済能力に問題がない場合でも利用しているカードローンの返済を滞納していたり、過去に返済トラブル等の自己情報がある場合は審査を通過する事が難しくなってきます。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので年収の3分の1以上の借入を利用する事が出来るという理由から銀行カードローンの利用を考えている人は多いと思います。

 

たまに消費者金融系のカードローンの審査を通過する事が出来なかったのに、銀行系カードローンの審査は通過する事が出来た。という話を耳にする事があると思います。

 

今までは銀行のローンを利用する時は事業を始めるや住宅ローンを利用する等のような大きい金額の借入を利用する場合だけといったイメージがありましたが、最近では需要の多様化や銀行の戦略の多様化等で小さい金額の融資にも力を入れる銀行が増えています。

 

そんな理由等から手軽に利用する事が出来るようにと提供されたのが銀行カードローンとなっています。銀行カードローンの審査を通過するためには「十分な返済能力を持ち合わせている」事が重要になります。借入希望金額が少ない場合でも返済能力を持ち合わせていなければ審査を通過する事が出来なくなっています。

 

逆に言えば、他の借入もなく、キチンと返済能力を持っていて無茶な借入希望金額を申請しなければ審査を通過する事が出来るという事になります。審査を受けて通過する事が出来なかった場合でもペナルティ等はありません。なので、気軽に審査の申し込みをしてみる事をオススメします。