年収の低い人よりも年収の高い人の方が返済能力があると判断

カードローンには利用限度額というものがありますが、この限度額の決定には利用者の年収が大きく関係します。

 

カードローン会社のサイトに主に表示されているのは最高限度額であり、誰でもこの最高限度額までお金が借りられるというわけではないのです。

 

年収の高さ=信頼の大きさ

カードローン会社は、利用者が信頼できる人物かどうかを多角的な面から判断していきます。最初の申込みの段階で判断するに当たっては、年収という部分が非常に重要になります。

 

当然ながら、年収の低い人よりも年収の高い人の方が返済能力があると判断されることになるわけです。年収が低い人、または不安定な人に対しては限度額はどうしても低く設定されます。

 

こればっかりは仕方のないことですね。

 

総量規制で借入できる金額が決まる

総量規制という言葉をご存じでしょうか。これは簡単に言えば、年収の3分の1を超える額の借入はできませんといった意味で、法的にも定められています。

 

年収が高ければ借入できる額もそれだけ高く、年収が低ければ低い額しか借入できないということですね。いくつかのカードローンを利用していても同じことで、やはり総額として年収の3分の1以上の借入をすることは不可能です。

 

限度額を上げるためには

すでに述べてきたように、年収の高さはカードローンの利用限度額に大きく関わってきます。カードローンの利用申し込みをした時点よりも年収がアップした場合は、その分限度額もアップする可能性が高いです。

 

それだけではなく、毎回ちゃんと滞りなく返済できているかという点ももちろん大事になってきます。カードローン会社から信用してもらえるように、計画的な返済を心がけましょう。

 

最後になりますが、カードローン会社から限度額の増額を打診されるようなことは基本的にありません。ですので、限度額を増やしたいと思った場合は自分からカードローン会社にはたらきかけることになります。

 

 

ここで述べたいくつかのポイントを参考にして、限度額アップを狙いましょう。